スキップしてメイン コンテンツに移動

台北 - Taipei

* English follows Japanese

先日、はじめて台北を訪れました。日本よりは南に位置しており、時差は約1時間。
周りからは非常に過ごしやすく、食べ物も美味しい、なんだったら日本語も通じると言われての初訪問です。
経済面では EMS (Electronics Manufacturing Service) で大きくIT分野で成長し、いまはサービスビジネスを伸ばそうとしているという話も耳にしていました。
今回は時間の関係で、ホテルとオフィスビルの往復をしただけでしたが、いくつか気になったことをまとめておこうと思います。

まずは、空港ですが、入国審査の前後で独特のピリっとした感じもなく、南のだからか穏やかな空気を感じました。
同じように、いまではEMSといえば深センというくらい急成長を遂げている世界のIT工場深センに1年前に訪れた時とは大分印象が違います。
空港からは現金のみですが、市内まで公共バスが有り、これが 130 TWD (台湾ドル)で、だいたい 420 円くらいでしょうか。函館空港から市内までと似ています。
時間は 40 分くらいです。
よくわからない勧誘もなく、アメリカのシアトルよりも安心感があるくらいです。

今回地元の食堂のようなところを訪れる機会はありませんでしたが、食事は万事問題なく、事前評判通り美味しかったです。
安くて美味しいものが有る。というのが日本に似ているのかもしれません。
日本のチェーン店も多く進出していますが、現地のチェーンのようなところでも美味しいです。
洋食も何度か食べましたが美味しい。
値段はわかりやすいところでスターバックスのトールサイズのコーヒーが 75 TWD, マクドナルドのビックマックが 67TWD でした。
こちらも大雑把に日本円でスタバが 300 円、ビックマックが 268 円と考えると、7〜9割くらいの値段です。
滞在中、現地の英字新聞で若者のパン食・洋食化が進み、米の消費が激減していることが高齢者や農家の問題として取り上げられていました。
この他、朝の果物も美味しいし、ヨーグルトやフレッシュジュースも美味しいこの国。
食料自給率はインターネットで見ると、31% と日本よりも低いことがわかりました。
有名な小籠包も米粉の皮を使うので、具材含め、このあたりのデータは気になるところではあります。

台北には、中国の歴史的な芸術品や文化工芸品などが多く残されており、北京に行っても 4,000 年の歴史的な文化遺産を目にすることはできず、中国が培った文化を学ぶなら台湾という人もいるくらい、各種文化遺産が残っています。
使用されている漢字も略されておらず、昔の漢字に近いものが使用されていたり、風水や道教などからくる慣習が自然と生活に溶け込んでいるところにも伺えます。
一方で、歴史的建造物というと、文化芸術品と比べて少なく感じます。
そのおかげというか、高くて新しいビルがドンドン建っています。
道路もアメリカのように広く、舗装されていますし、街路樹も植えられています。
台湾島は、南部に比べて北部は地震が少ないようです。

言葉はもちろん台湾語ですが、中国語に近いのでおおよそ通じそうですし、日本語も多少通じます。英語もおおよそ通じます。
ホテルのガードマンの方にバスが来る時間を英語で聞いた時に大まかにわかったのか、腕時計の針の位置をさして、 ten, forty と言ってくれました。
深センでは、ロビーの一部の人しか英語がわからなかったことを考えると、国際都市としてこれは大きいです。
また、皆笑顔なのが印象的でした。
サービス業に従事しているからなのかもしれませんが、深セン、そして時には日本でも仏頂面の人が多く感じるこの頃。国際都市として海外からのゲストがうける印象は異なります。
タクシーはさすがに英語などが通じないことも有りますが、事前に漢字の場所名や住所などを用意しておけば、大抵ちゃんと入ってくれます。
タクシーが安心なのも海外からのゲストにとってもうれしいことです。
かといって、公共の交通機関がわかりにくかったり発達していないわけではありません。
地下鉄もありますし、多くの人はバスを使って通勤しています。
東京のバス停のように、あと〜で到着しますといった表記のあるバス停も見かけました。

日本は台北から、"サービス" について改めて学べるところが多いのではないか。
そう感じた、今回の訪問でした。


A couple of weeks ago, I visited Taipei at first time.  Taipei is placed at the south of Japan, and the time zone difference is 1 hour.   The flight time from Tokyo is almost 3 hours.
I heard from some my friends that Taipei is really comfortable place to stay having delicious foods and being available Japanese language a little.
As for economics, Taipei has grown in IT industry by the EMS business model.  And now, they are transforming their business to Service industries.   Unfortunately, I was not able to see and look into various place this time.   I would like to summarize my impression as below.

At first, I felt very serenity and quiet atmosphere at Taipei airport comparing to Shenzhen.   It might be affected that Taipei is southern area country and warm temperature.   Shenzhen has been the largest EMS city in the world now.   At least, I felt the very different impression when arriving at airport and talking briefly any staffs including immigration.
From Airport to hotel, I was able to take a public bus service.   The price is 130TWD and duration time is only 40 minutes.
I did not see that cabs and any other unclear service solicit to tourists.   Comparing to SEATAC, I felt more safe.

For meals, I did not have a chance to try local casual restaurants.    Food court and small restaurants at the shopping/office buildings are really good and cheap.  For example, Starbucks tall size coffee is 75TWD and McDonalds BigMac is 67TWD.  Comparing to Japanese price, Taipei price is from 70 to 90% cheaper than Japanese.
Interestingly, seniors are concerning that the consumption rate of rice is decreasing, and european and american food consumption is increasing specially among the young people.
Also, self-sufficiency rate in food is only 31%.  Where do delicious foods come from?

Also, there are lots of Chinese historical products and arts in Taipei.  If you have interest to Chinese historical art and products, Taipei is better place than Beijing.
For example, the Kanji character in Taipei is kept as old style.  Also, religion,  philosophy, and relic are alive in their day-to-day life as manner.
On the other hand, historical buildings are less than Beijing or any other historical city in China main land.   And there is less earthquake in Taipei.  As a result, fortunately, they are able to build a new beautiful buildings in the city.

Lastly, I would like to note about language availability.   As you know, China, Korea, and Japan loves their domestic languages.   And tourist cannot make a communication with English sometime.
In Taipei, however, lots of service person can use English and Japanese a little.  I was able to ask a guard man at hotel about the next time when a public bus come.   Another example, cab driver tell me price and show price board clearly.  Surely, while they cannot speak and listen English, I can go to my expected place by showing Kanji character map and address to a driver.  Of course, staffs at hotel or any other place helps for you to explain to cab driver about the place.

From those experiences, I believe that Japan have to learn from Taipei about Global level "Service".

コメント

このブログの人気の投稿

Post / Pre Sales の終焉と - End of Post/Pre Sales organization and strategy

*English follows Japanese

Post-Sales / Pre-Sales という言葉を耳にすることがあります。もしくは購入後はサポートへ、購入前は営業が、というのも同様です。
いずれも、お客様が製品を購入されるタイミングを境にして、会社内での役割を変更するモデルとなります。
この考え方は従来の売り切りモデルにおいては、非常によく働きましたが、昨今のサブスクリプションー購読型ーや、継続利用形式のビジネスモデルでは歪が出てきています。

例えば、Microsoft の Office 製品など、従来はパッケージで購入して買い切りのものでした。インストーラーとライセンスがパッケージについていて、購入後はサポートへと言うものです。ところが最近では O365 というクラウド型のサービスモデルに変更され、一年もしくは月払いで継続利用可能なものになっています。

この流れは、決してIT だけでなく、従来からありますが、生協のように毎月オーダーして食品を届けてもらうタイプのビジネスにも言えます。また、家や車はどうでしょうか?
購入したら営業担当からサポートに引き継がれて、というのはわかりますが、なんとなく長くお付き合いする製品において、手切れ感もあります。
例えば、ティファニーでは、お店に訪れた人に時間をかけて製品の価値を説明しています。購入に至らなくても、ティファニーの価値や姿勢はしっかりお客様に伝わりますし、他のお店に行ったら自然と比較してしまいますね。結果として、いつかまた来訪してくれるかもしれませんし、人に話す時に好印象となる話が伝わります。

このような時代において、Post-Sales / Pre-Sales という考え方は、果たして本当に効果的に働くのでしょうか?
ここで一つ、新しい組織と役割のモデルを考えてみませんか?

例えば、一人で会社を始めたとして。そうすると、開発から、展開、そして販売して、継続したお客様との接点もすべて一人で保たないといけません。
もし、一人パートナーを持つことができたらどうしましょうか?
自分は開発を担当して、お客様との接点をパートナーに任せてもいいかもしれません。もちろん、開発する側もたまには市場の反応を生で感じる必要はありますが。
では、もっと人を雇えたとしたら?
開発を純粋な開発と、品質チェックやテストそしてお客様か…

さて、おもてなしとは - So, What is Omotenashi?

"English follows Japanese

2020 年東京オリンピック誘致のためのプレゼンで、滝川クリステルさんのプレゼンからのひと場面「お・も・て・な・し」が話題になっていますが、さて、おもてなしの精神とはいかに。

言葉として考えてみると「もてなす」を名詞化して「もてなし」。そこにさらに「お」をつけて丁寧語にしているものと考えられます。では、「もてなす」とは?
たいていの国語辞書では、こういった意味で説明されています。


こころからの歓待の意を表して相手を丁重に扱うこと。
ここで気づくのは、おもてなしには常におもてなしをする側と、それを受ける側が必ずいることがわかります。
では、歓待の意を表するとはどうすればいいのか?これはさすがに言葉だけからは意味をつかみかねます。

歓待の意の表現方法は、千差万別といっても過言ではありません。
日本とアメリカ合衆国でも違いますし、同じ日本でも極端に言えば家庭ごとに違うともいえます。
それでは、歓待の意はもてなす側の方式で行うのか、もしくは受ける側の方式で行うのか、という疑問がわきます。
私は、どちらも。というより、いずれにも共通する要素をいれていくことがおもてなしだと考えています。
となると、「もてなす」という行為はもてなす側の動作を示しているようで、一方、もてなされる側の表現も必要とされていることがわかります。
ここが、日本式のおもてなしの難しさで、歓待の中にどういった意が含まれているかということを受ける側はしっかりと察知し、認識することを求められるのです。
このあたりが、仕事の分担からうまれた Service や、いかに相手のことを注意深く丁寧に扱うかという Hospitality といった概念とは大きく異なる所以です。

ここで、以前、炭屋、おもてなしはお茶の心でという本を読んだ時のことに触れておきたいと思います。
炭屋先代のご主人は、炭屋のおもてなしの方法を守り続けた人でした。茶事の様式を基に最上級のくつろぎを提供する京都の旅館ですが、もちろんそこで提供されるものはリッツカールトンなどが提供するものとは大きく異なります。
先代のご主人はこの違いのわからない方には、ご利用いただかなくて結構という姿勢だったそうです。
例えば、一枚板の廊下でキャリーバッグを引こうとする人。これは、若い人でありません。女中さんが、「お持ちします」と言っても、「…

真行草を書き始めるにあたって

かれこれ 10 年以上、サービス ビジネスに従事してきました。
この間、サービス提供において心に留めておいたことを一つ選ぶとすると真行草となります。真行草は日本で昔から使われるマナーの精神といえます。例えば真は書道で言えば真書(楷書)、茶道でも席や道具の格を分類する場合もっとも高価なものをさし、庭でも理論にのっとって策定された箇所が真となります。一方、草は書道で草書、茶道でも素朴な道具やしつらえが草、庭においてはもっとも自然なままを残した様子が草となります。そしてその二つの中庸をいく行。

サービスを提供する時、必ず気をつけてきたのがこの真行草です。
相手が求めているのは、真、行、草、どこなのか。これをずらすとどれだけよい製品も、サービスも、すべて台無しになってしまいます。

このブログではサービスビジネスを中心にして、サービス、ビジネス、テクノロジーの視点から出来事や理論を紹介していこうと思います。

参考
表千家 道具の真行草
http://www.omotesenke.jp/chanoyu/6_2_3.html


I have worked in the service business for more than 10 years.  I answer "Shin Gyo So" if anyone ask me about one important word for providing service.  "Shin Gyo So" is the traditional word for explaining about the mind of manner.   For example, "Shin" means Shinsho in Shodo, precious tools or architectures in Sado, and logical building in Japanese garden.   On the other hand, "So" means Sosho in Shodo, natural products in Sado, and keeping as nature in Japanese garden.  "Gyo" is th…