スキップしてメイン コンテンツに移動

函館

*English follows Japanese

夏至の数日前、函館を訪れました。
イメージとしては海産物と五稜郭でしょうか。私も行く前は、海鮮丼を食べてゆっくり過ごそうかと思っていただけでしたが、急速に成長している都市としての函館について整理しておきたいと思います。

今回訪れて気づいたのは、函館には大きなメリット5つが整備されていたことです。Wifi スポットの充実、英語、通りの名称、リノベーション、そして交通です。
それぞれに、改善ポイントがあるところは随時ふれていきます。

はじめに、Wifi スポットですがホテルや公共施設、市電などいたるところで Free Wifi の案内を目にしました。要所要所で Wifi があることで、外国人観光客も気兼ねなく市電に乗り、観光スポットを周っているようでした。
ただ、一般的なカフェなどではまだサービスも拡充していないところがありました。

続いて、英語です。まず、端的な説明である値段や支払い方法など、各種サービスに従事する多くの人が単語でシンプルに伝えていました。市電などではラミネート一枚のマニュアルが用意されていました。考えてみれば長い説明は不要で、単純に現金だけなのか、カードが使えるのか、いくらなのか、だけでよく。どこに行くのかについては、マップが用意されていれば事足ります。解らなければ、Wifi で調べてもらえば良い。
市街地の観光センターやホテルはわかるのですが、今回特急で20分ほどいった自然公園近くの観光センターでも簡単な英語対応ができる人がいることに驚きました。
箱館山のロープウェイでは、大半のお客様が中国系の人でしたが、ここの求人情報を見ると、柔軟に対応できる人ということで、完璧ではなくても必要なことを伝える姿勢があることが伝わります。
前述のWifiの充実化と、端的なサービスの説明があれば、大抵のことは事足りる時代です。
タクシーもUberのようなサービスが充実すれば、もっと広がることでしょう。

続いて、通りの名称が細かく出ていることがプラスと感じました。
初めての土地だと、日本人でも土地勘が掴みづらいことが多いです。
でも、通りの名称がはっきりしているので、移動がし易いというのを感じました。あと一歩あると嬉しいのが、もうすこし通りの名称の看板を増やしてもらえると良いかと思います。
京都などでは、適宜通りの名称看板を置いています。
函館も、元町方面の坂は坂の名称がひとしきりわかる看板がありましたが、市街地ももう少し増やすと活気づくでしょう。

地震の少なさとも関係することかもしれませんが、リノベーションして使用されている施設、レストランが多いです。
明治〜昭和初期の建物が街に調和していて、なかでは新しいサービスが展開されています。もちろん、観光施設となっているところもあります。
歴史的にも、地震が少なく津波の被害が少ないのも大きいかもしれません。
大火の記録は多々あるので、そこで焼け残ったものが残っているのと、古いコンクリート造りやレンガ造りの建築も多いのが特徴かもしれません。
ただ、新しいビルなどが立ち並ぶ景観に比べてやはり石畳の道や、丘の上の洋館、市電といった景観と調和していて歩くのが楽しい外観を形成しています。
新しいマンションの計画や、一部建物が、新しくなっているところも見えてきていますので、リノベーションの意識は引き続き、高く持ってもらいたいと思います。

最後に交通の便について上げておきます。函館空港から市内までバスで約 20 分、420 円です。五稜郭には市電で 240 円くらい。私が行った大沼公園までは特急で片道 1,160 円、20 分くらいで着きます。
タクシーも多く、夜のライトアップはタクシーでさっと周っているグループを多く見かけました。歩いて回る人のほうが少なかったです。

最後に、函館は広い。北海道も広いが函館市も広い。
滞在中に洪水警報と、地震速報が携帯や町に流れたが、市街右手の山脈を超えた反対側の町における出来事。結果、函館の人は動じず。



A couple of days before the summer solstice, I visited Hakodate in Hokkaido prefecture, Japan.  The city of Hakodate is a port town.  So, I had interest to only fresh raw seafoods and Goryokaku, historical architecture.   Once arriving at Hakodate, however, I was aware that this city has been growing as international city.  From this point of view, I would like to summarize my note in this post.

I found five positive things in Hakodate, Wifi spots, English communication, street names, renovation, and traffic.   I tried to introduce pros and improvement ideas from here.

At first, I was able to find enough Wifi access points in the city.  Visitors are able to use Wifi at Hotels, public buildings, and trains.   At each area, I was able to find the information of Wifi access.   It seems that foreign visitors are able to ride on the train and walk around the sight seeing spots by using their smart phone or tablet.  To improve the network environment better, Cafe or small shops are able to open free Wifi for them.

Secondary, English communication looks NOT hard for using any services.  As for simple information or explanation, like as price, payment method, or etc.., each service person told to foreign visitors simply.  And visitors looks figuring out the system quickly.   For example, there is one pager for a driver of train how to say price, payment method, or dos/dons.  I found Dos/Dons introduction at any other places.  For example, I found simple with drawing introduction at Spa area in the hotel.
Also, service person was able to communicate in English sight seeing area at the suburbs as well.  I saw that one service person explained to European how to lend a bicycle.
If Uber like cab services are started, this city is more comfortable for visitors all over the world.

Third, the street name is already set.   In fact, it is difficult for Japanese to find current and destination place at unfamiliar city as well.  The street name is really helpful for finding place information at sight seeing area.  If there are more guide signs, it is getting better.

Forth, there are lots of historical buildings.   As you may know, Japan is a famous earth quake country.  Also, oceans are around the land.  However, Hakodate is the place less earth quake and Tsunami historically.   At the north area of Hakodate, there is one big mountain, Komagatake.  However, it seems less impact if that volcano explode.  As a result, lots of old buildings are re-used as public space, cafe, stores, or etc...

Lastly, Hakodate has good public transport accesses.  From airport, I was able to arrive at city area 20 minutes by bus.  The fee is only about $4.  If you want to go to Tsutaya new book store at suburb area, you can ride on cabs 20 minutes, about $20.   When coming back from Tsutaya, I was able to call to the cab services and to wait on only 10minutes.

In this travel, I found lots of advantages of sight seeing at Hakodate.  However, each equipment is useful for staying for business as well.  From now to the next couple of years, I look forward to Hakodate transforming the city as one of international place in Japan.



Bullet Data
Pros

  • Lots of Free Wifi spots at Hotel, public spaces
  • English Communication, One-by-One word or junior level English communication (including suburb sight seeing area)
  • Street name
  • Guide Signs, Japanese, English, Chinese, Korean
  • Clear Notification, Dos/Dons 
  • Street is cleaned up
  • Hiking road and nature maintenance in Hakodate Mountain area is good
  • Renovation of old/historical architecture
  • easy and quick access from air port


Cons

  • Some services, including train, requires "Cache"
  • Less street name guide signs
  • 緊急災害速報が雑。函館は広い。洪水も地震も関係なし。


Note

  • 明治政府により函館にかわる。以前は箱館。
  • いまも、現地では多くの場所で「箱館」という表記を使用。
  • 諸説あるが、箱は蓋と本体がわかれるが、函はわかれないということでこちらに変更したとか。いまでも投函という字で残る。
  • 箱館山には日清戦争後につくられた砲台跡などが残る。
  • 霧がある
  • 和菓子屋が多いのは貿易港として栄えたため
  • 今も、新しいアイディアを持ったレストランやお菓子屋が多い
  • 珈琲屋が急速に増えている
  • 五島軒が思いの外歴史に深く入っている
  • 市街から見て南西に箱館山、北東に五稜郭
  • 五稜郭は、北に駒ケ岳、西に国道、南に海と風水上も良い所に立っている。
  • 蔦屋書店は平日だからか、そこまでこまず。
  • まさに老若男女がすごせる、一大施設になっていた。
  • ショッピングモールとは違うカルチャーの総合施設というのを感じる
  • 海産物のイメージが強いが、それを使った料理、そして肉、野菜も充実している。

このブログの人気の投稿

さて、おもてなしとは - So, What is Omotenashi?

"English follows Japanese

2020 年東京オリンピック誘致のためのプレゼンで、滝川クリステルさんのプレゼンからのひと場面「お・も・て・な・し」が話題になっていますが、さて、おもてなしの精神とはいかに。

言葉として考えてみると「もてなす」を名詞化して「もてなし」。そこにさらに「お」をつけて丁寧語にしているものと考えられます。では、「もてなす」とは?
たいていの国語辞書では、こういった意味で説明されています。


こころからの歓待の意を表して相手を丁重に扱うこと。
ここで気づくのは、おもてなしには常におもてなしをする側と、それを受ける側が必ずいることがわかります。
では、歓待の意を表するとはどうすればいいのか?これはさすがに言葉だけからは意味をつかみかねます。

歓待の意の表現方法は、千差万別といっても過言ではありません。
日本とアメリカ合衆国でも違いますし、同じ日本でも極端に言えば家庭ごとに違うともいえます。
それでは、歓待の意はもてなす側の方式で行うのか、もしくは受ける側の方式で行うのか、という疑問がわきます。
私は、どちらも。というより、いずれにも共通する要素をいれていくことがおもてなしだと考えています。
となると、「もてなす」という行為はもてなす側の動作を示しているようで、一方、もてなされる側の表現も必要とされていることがわかります。
ここが、日本式のおもてなしの難しさで、歓待の中にどういった意が含まれているかということを受ける側はしっかりと察知し、認識することを求められるのです。
このあたりが、仕事の分担からうまれた Service や、いかに相手のことを注意深く丁寧に扱うかという Hospitality といった概念とは大きく異なる所以です。

ここで、以前、炭屋、おもてなしはお茶の心でという本を読んだ時のことに触れておきたいと思います。
炭屋先代のご主人は、炭屋のおもてなしの方法を守り続けた人でした。茶事の様式を基に最上級のくつろぎを提供する京都の旅館ですが、もちろんそこで提供されるものはリッツカールトンなどが提供するものとは大きく異なります。
先代のご主人はこの違いのわからない方には、ご利用いただかなくて結構という姿勢だったそうです。
例えば、一枚板の廊下でキャリーバッグを引こうとする人。これは、若い人でありません。女中さんが、「お持ちします」と言っても、「…

なぜ茶碗を回すのか - Why customers have to rotate the bowl? -

* English follows Japanese

お抹茶のお点前をいただくとき、茶碗を回すところを見たことがある方は多いと思います。もしくは、実際に回していただいた経験を持っている方もいるかもしれません。
でも、なぜ茶碗を回すのでしょうか。

通常、亭主から一服いただく際、茶碗の正面が自分の方に向いて渡されます。
客は茶碗を正面からみて受け取ることができますので、もっとも美しい姿を見ながら茶碗を手にとることができるのです。
さて、その状態で手渡された茶碗ですが、時計回りに 90 度まわしたところでいただき。口元を拭いたら、反時計回りに 90 度回したあと正面を亭主に向けて返します。
この茶碗を回す理由は、亭主の手元に渡った茶碗を見ているとわかります。

亭主は、受け取った茶碗を正面を手前にして手元に寄せます。
お湯を入れてかるくお湯を回して水差しにお湯を流してすすぎます。そのご、茶巾で茶碗を拭くことになります。

実はこの一連の動作に回答があるのです。
亭主が水差しにお湯を流す際、左手で茶碗を持って亭主はお湯を流します。
茶碗を左側に傾けてお湯を流すため、茶碗正面を見て右手の側面からお湯が水差しに流れます。このとき、このお湯が流れる口は先程、客が口をつけたところです。

そう、茶碗を回す理由は客がお茶をいただく際の亭主への心遣いなのです。
言うなれば、90 度という角度すら意味をなさず、亭主の手前の癖などを考えて多少位置をずらしてこそ正解と言えなくもありません。

茶室にはこのように、より意味深いコミュニケーションをとるために客側も常に亭主へ心遣いを怠ることはありません。
こういった気持ちの積み重ねが、お茶をいただきながら交わされるコミュニケーションの質を高めていくことになります。


You might know or do rotating the bow when you have a "matcha"l   However, do you know about the reason why you have to rotate the bowl?  Most of persons cannot answer for this question as far as I know despite he/she is familiar with the…

AI がカスタマーサポートを担えるのか?Misfit 編 - Is AI able to work on Customer Support on behalf of a human? Misfit case

* English follows Japanese

京都の虎屋でいただいた桜餅が関東風だったことが気になる今日このごろですが、春雨もふってすっかり春の陽気。ことしは幾分暖かいです。
※桜餅の関東風・関西風については、探してみてください。
今回は、アメリカ企業が提供する製品・サービスに対して受けたカスタマー サービス対応の問題をベースに、人工知能(以下 AI にします)による代替の有効性について考えてみたいと思います。

今回ご紹介したいのは Misfit の対応です。
Misfit は iPhone や Android ベースのタブレット電話と連携してフィットネストラックがデキるデバイスとサービス アプリケーションを提供しています。
デバイス自体は他社のものに比べて安く、軽量で、デザインがシンプルなためシーンによらず身に着けやすいのが特徴です。
この手の製品の特徴として、消費者としてはデバイスを買ったというより、アプリケーションとデバイストータルで得られるサービスを購入している感覚といえます。

この製品で発生した故障対応の経験について紹介したいと思います。
まず今回のサポートサービス利用に至った背景は次のようになります。
 - 購入して数週間後から断続的に iPhone とバンドの連携にしばしば失敗する現象が発生
 - アプリからレポートを送っては、カスタマーサポートから連絡が来て、同じ手順を案内される
 - 案内された手順では直らない
 - ほっておくと、3日くらいでまた連携がもどる
 - 大体月に1回位は起きて、レポート、案内、放置が繰り返される

上記のような経緯があり、今回に関してはついに一週間経ってもデバイスとアプリが連携できなくなったので、改めて、サポートに連絡をしました。
安の定ですが、まずは同じ手順が送られてくるので、効果なかった旨を返し、次に写真を求められたので写真をとって返し、ここでだいたい一週間くらいが経過します。
この後、連絡が来なくなったので諦めて Web から違うモデルを購入しました。
すると、翌日に「故障と思われるので交換します」という連絡が入りました。

一つ一つの対応はマニュアル プロセスにそったものかもしれませんが、これであれば人が解す必要はない時代に入っているかもしれません。
例えば、アプリと連携できない時にアプリから自動的に通知で…