スキップしてメイン コンテンツに移動

琵琶湖疏水プロジェクト - Lake Biwa Canal Project -

*English follows Japanese

インクラインの桜並木、南禅寺や無鄰菴の観光を楽しまれた人、また蹴上のつつじを楽しまれた人は多いと思います。けれども、このインクラインが何故できたのか、蹴上に水道局があり発電所まである背景をふと考えてみたことはありますか。ここには、驚くほど入念に計画された都市構築のアイディアが隠れています。

明治時代に入ると、首都が京都から東京に移ったことで多くの人や産業が京都を離れていきます。結果として徐々に衰退しつつあった京都の産業を盛り返すべく当時の京都府知事が考えたのが、この疎水からなる都市計画だったのです。ここではいかにこのプロジェクトが生活にも産業にも結びついたものであったか確認していきたいと思います。

そもそもこの疎水そしてインクラインが出来る前、京都と大津の間は人と馬をつかって荷物を運んでいました。起伏のあるあの一帯での運搬はかなりの重労働です。そこで、琵琶湖から疎水を引いて運河を通すことになります。また、蹴上のあたりには南禅寺があり、南禅寺一帯の住宅地は高いところにあるため、さすがに運河では運べません。普通に考えると、そこで荷をおろし陸路で運ぶことになるのですが、大胆にも船ごとレールに乗せて運び上げるという考えをしたところにこのインクラインの一つ大きなポイントがあります。

このように疎水とインクラインは物流が主たる目的で建設されたことがわかります。ただ、この計画がどのように都市計画へと成長したのでしょうか。
まずインクラインで船をレールに乗せて運び上げるには、電力が必要になります。その電気をどうやって賄うかということが課題になりました。もちろん電気を引いてくることもできたでしょうが、ここで取り入れられたのは大胆にも発電です。しかも当時アメリカで開発されたばかりの水力を採用したのです。この計画で目をつけたのは疎水を引くことができるくらいの一帯の水量と勾配だったのです。

さらに、電力が賄われてこれで船も運び上げることができるようになりました。ところが、電力をそれだけに使うのでは余ります。余った電気は周辺の会社や家庭に提供されることになります。これが後の京電開通に大きく影響することになります。

また、張り巡らされた疎水は運搬にとどまりません。南禅寺や一帯の別荘だけでなく。本願寺あたりのお寺にも池用の水や防火用水としてひかれていくことになります。
つまり景観としての庭を形成し、かつ文化財を守るための用水としての活用もされることになりました。

このように荷物を運ぶためのツールは、電力を提供し、水を提供することで京都の産業や生活に大きな経済効果をもたらすことになりました。

近年、そして最近も多くの都市計画が実行されていますが、果たしてその計画、しっかり考えられたものですか?単純に人の流れを生み出すだけのツールを組み込むような計画をするのではなく、ツールをプラスすることでそれば掛け算された効果を生むような計画をしないといけないと考えさせられます。



You might have enjoyed seeing cherry blossoms on Incline, sightseeing at Nanzenji temple and Murian, also Rhododendron at Keage.  However, have you ever thought "Why was this Incline developed?" or "Why are there the water works department and the hydro power plant?" ?  In fact, there is the hidden big idea of urban and social project in those architectures.

In later 19th century, the capital city in Japan was moved from Kyoto to Tokyo.  As a result, the population and industries of Kyoto were getting decreasing and weaker.  To stop subsidence and to motivate people in Kyoto, the governor of Kyoto made this project, Lake Biwa Canal Project.  I would like to review this project how it improve life style and manufacturing in this city.

In general, a canal is developed to improve transportation system.  From this point of view, what kind of problem are there?  and how had people moved products between Kyoto and Otsu before this canal developed?   They were moving products in person or by using horses.  It was very tough work because there are lots of up-down near this area.  Finally, to carry easier and quicker, they decided to conduct canals from Lake Biwa.  Unfortunately, however, Nanzenji area is at upper side of hills.  For this reason, it is not able to bring products from canals directly.  To resolve this issue, they developed Incline for bringing up them with ship.  In fact, This idea is one of important things in whole project.

By the way, how did they move this canal project forward urban and social project?  At first, they needed to get large amount of power supply to bring products with ships.  Certainly, the general idea is to bring power from the other prefectures or regions.  However, they decided to make power by themselves near Incline.  In addition, they used hydro power plant system which was just developed in US then.  They considered that enough water supply and lots of up-down land forms were suitable for this new power supply system.

Once completing to draw a whole project picture, they were aware that their power supply system was able to provide more amounts of powers than required for bringing ships to upper side.  For this reason, they decided to provide such surplus powers to companies, homes, and societies near Incline.  In fact, this process encouraged to start Keiden train services later.

In addition, canals was not used only for transportation system, but also taken them to villas and temples for pond and river in the garden, or for fire disaster prevention.  As a result, canal system enabled to develop some great garden and to prevent historical and cultural products from damages of disasters.

As I illustrated above, one of the idea to transport products provided power supply, water for sustaining industry and life, as a result, gave strong impression to local economy.

Recently, lots of city development plans are running, however, are those plans really considered in detail?  City development has to impress not only attract people, but also should be a tool which improves industry, life, and environment near the place.

このブログの人気の投稿

さて、おもてなしとは - So, What is Omotenashi?

"English follows Japanese

2020 年東京オリンピック誘致のためのプレゼンで、滝川クリステルさんのプレゼンからのひと場面「お・も・て・な・し」が話題になっていますが、さて、おもてなしの精神とはいかに。

言葉として考えてみると「もてなす」を名詞化して「もてなし」。そこにさらに「お」をつけて丁寧語にしているものと考えられます。では、「もてなす」とは?
たいていの国語辞書では、こういった意味で説明されています。


こころからの歓待の意を表して相手を丁重に扱うこと。
ここで気づくのは、おもてなしには常におもてなしをする側と、それを受ける側が必ずいることがわかります。
では、歓待の意を表するとはどうすればいいのか?これはさすがに言葉だけからは意味をつかみかねます。

歓待の意の表現方法は、千差万別といっても過言ではありません。
日本とアメリカ合衆国でも違いますし、同じ日本でも極端に言えば家庭ごとに違うともいえます。
それでは、歓待の意はもてなす側の方式で行うのか、もしくは受ける側の方式で行うのか、という疑問がわきます。
私は、どちらも。というより、いずれにも共通する要素をいれていくことがおもてなしだと考えています。
となると、「もてなす」という行為はもてなす側の動作を示しているようで、一方、もてなされる側の表現も必要とされていることがわかります。
ここが、日本式のおもてなしの難しさで、歓待の中にどういった意が含まれているかということを受ける側はしっかりと察知し、認識することを求められるのです。
このあたりが、仕事の分担からうまれた Service や、いかに相手のことを注意深く丁寧に扱うかという Hospitality といった概念とは大きく異なる所以です。

ここで、以前、炭屋、おもてなしはお茶の心でという本を読んだ時のことに触れておきたいと思います。
炭屋先代のご主人は、炭屋のおもてなしの方法を守り続けた人でした。茶事の様式を基に最上級のくつろぎを提供する京都の旅館ですが、もちろんそこで提供されるものはリッツカールトンなどが提供するものとは大きく異なります。
先代のご主人はこの違いのわからない方には、ご利用いただかなくて結構という姿勢だったそうです。
例えば、一枚板の廊下でキャリーバッグを引こうとする人。これは、若い人でありません。女中さんが、「お持ちします」と言っても、「…

なぜ茶碗を回すのか - Why customers have to rotate the bowl? -

* English follows Japanese

お抹茶のお点前をいただくとき、茶碗を回すところを見たことがある方は多いと思います。もしくは、実際に回していただいた経験を持っている方もいるかもしれません。
でも、なぜ茶碗を回すのでしょうか。

通常、亭主から一服いただく際、茶碗の正面が自分の方に向いて渡されます。
客は茶碗を正面からみて受け取ることができますので、もっとも美しい姿を見ながら茶碗を手にとることができるのです。
さて、その状態で手渡された茶碗ですが、時計回りに 90 度まわしたところでいただき。口元を拭いたら、反時計回りに 90 度回したあと正面を亭主に向けて返します。
この茶碗を回す理由は、亭主の手元に渡った茶碗を見ているとわかります。

亭主は、受け取った茶碗を正面を手前にして手元に寄せます。
お湯を入れてかるくお湯を回して水差しにお湯を流してすすぎます。そのご、茶巾で茶碗を拭くことになります。

実はこの一連の動作に回答があるのです。
亭主が水差しにお湯を流す際、左手で茶碗を持って亭主はお湯を流します。
茶碗を左側に傾けてお湯を流すため、茶碗正面を見て右手の側面からお湯が水差しに流れます。このとき、このお湯が流れる口は先程、客が口をつけたところです。

そう、茶碗を回す理由は客がお茶をいただく際の亭主への心遣いなのです。
言うなれば、90 度という角度すら意味をなさず、亭主の手前の癖などを考えて多少位置をずらしてこそ正解と言えなくもありません。

茶室にはこのように、より意味深いコミュニケーションをとるために客側も常に亭主へ心遣いを怠ることはありません。
こういった気持ちの積み重ねが、お茶をいただきながら交わされるコミュニケーションの質を高めていくことになります。


You might know or do rotating the bow when you have a "matcha"l   However, do you know about the reason why you have to rotate the bowl?  Most of persons cannot answer for this question as far as I know despite he/she is familiar with the…

Post / Pre Sales の終焉と - End of Post/Pre Sales organization and strategy

*English follows Japanese

Post-Sales / Pre-Sales という言葉を耳にすることがあります。もしくは購入後はサポートへ、購入前は営業が、というのも同様です。
いずれも、お客様が製品を購入されるタイミングを境にして、会社内での役割を変更するモデルとなります。
この考え方は従来の売り切りモデルにおいては、非常によく働きましたが、昨今のサブスクリプションー購読型ーや、継続利用形式のビジネスモデルでは歪が出てきています。

例えば、Microsoft の Office 製品など、従来はパッケージで購入して買い切りのものでした。インストーラーとライセンスがパッケージについていて、購入後はサポートへと言うものです。ところが最近では O365 というクラウド型のサービスモデルに変更され、一年もしくは月払いで継続利用可能なものになっています。

この流れは、決してIT だけでなく、従来からありますが、生協のように毎月オーダーして食品を届けてもらうタイプのビジネスにも言えます。また、家や車はどうでしょうか?
購入したら営業担当からサポートに引き継がれて、というのはわかりますが、なんとなく長くお付き合いする製品において、手切れ感もあります。
例えば、ティファニーでは、お店に訪れた人に時間をかけて製品の価値を説明しています。購入に至らなくても、ティファニーの価値や姿勢はしっかりお客様に伝わりますし、他のお店に行ったら自然と比較してしまいますね。結果として、いつかまた来訪してくれるかもしれませんし、人に話す時に好印象となる話が伝わります。

このような時代において、Post-Sales / Pre-Sales という考え方は、果たして本当に効果的に働くのでしょうか?
ここで一つ、新しい組織と役割のモデルを考えてみませんか?

例えば、一人で会社を始めたとして。そうすると、開発から、展開、そして販売して、継続したお客様との接点もすべて一人で保たないといけません。
もし、一人パートナーを持つことができたらどうしましょうか?
自分は開発を担当して、お客様との接点をパートナーに任せてもいいかもしれません。もちろん、開発する側もたまには市場の反応を生で感じる必要はありますが。
では、もっと人を雇えたとしたら?
開発を純粋な開発と、品質チェックやテストそしてお客様か…